あつまれ真の綺麗好き! 本当にオススメな住居用洗剤を決定

カーテン・すだれ

いろいろな汚れが付着しやすいカーテンやすだれ。サイズも大きめなので、できるだけ簡単にできる掃除方法をユミママに教えてもらいましょう。

洗濯できるカーテンの掃除はホコリを落として中性洗剤で洗う

室内・屋外両方からの影響を受けやすいカーテンやすだれの汚れの原因や掃除方法などを紹介ユミ「カーテンやすだれの汚れって、室内のホコリとか室外からのチリなんかが付くのは想像できるね」

ユミママ「他にもカーテンレールから落ちるホコリとか、網戸の目に詰まった汚れが付着することもあるのよ。暑い時期に換気しようと網戸にして、陽射しを遮るのにカーテンやすだれを使うと、網戸に触れることで汚れが付いちゃうわけ」

ユミ「カーテンはたまに丸洗いするけど、屋外からの汚れが付着していると聞いちゃうと、他の洗濯物とは一緒に洗いたくないわね」

ユミママ「水洗いできるカーテンなら洗濯機を使っていいんだけど、ホコリは落とした上で、洗濯機はソフト洗いとかドライコースなどの設定にしてね。洗剤はデリケートな衣類で使う中性洗剤にして、ネットに入れて洗うこと。脱水は短時間にして、乾燥機は使わない

ユミ「干す時はどうするのがいいの?」

ユミママ「カーテンレールや窓、網戸を掃除することが前提だけど、カーテンレールに吊った状態自然乾燥するの。これが一番、変なしわがつかない方法よ」

すだれの掃除は陰干しで乾燥させる

ユミ「すだれは洗うわけにはいかないよね」

ユミママ「普段のお手入れならナイロンブラシをかけるとか、掃除機でホコリを吸い取る程度でいいのよ。本格的に掃除するなら、次のモノを準備して」

  1. ナイロンブラシ
  2. 雑巾
  3. バケツ
  4. ゴム手袋
  5. 住宅用洗剤

ユミママ「マンションだったらお風呂場を使いましょう。丸めて立てた状態で、シャワーで水をかけるのね。これでホコリが落ちるから、次にナイロンブラシに洗剤を付けて、たたんだ状態のすだれを擦り洗いしていくの。それを洗い流して水切りしたら乾いた雑巾で拭いて、陰干しすれば完了」

ユミ「そのくらいだったら一人暮らしでもできそうね」

ユミママ「ビニール製のすだれはいいんだけど、竹や葦のすだれは濡れた状態で日光に当てると変形することもあるので、必ず陰干しにしてね」

pagetop