あつまれ真の綺麗好き! 本当にオススメな住居用洗剤を決定

洗剤でカビは落とせない?

普通の洗剤ではなかなか落ちにくいカビ。カビの特性や日常的にできる予防法を知っておきましょう。

漂白剤で白くするだけの洗剤によるカビ掃除

一般的な洗剤だとカビの色素を落としているだけで、本当に効き目があるカビ防止方法などを説明ユミ「カビとりに効く洗剤ってどれがいいかな?お風呂用洗剤はカビが落とせるみたいなイメージだけど」

ユミママ「結論からいっちゃうと、素人がお掃除レベルできちんとカビとりするのは難しいかな。あのね、普通のカビ用洗剤って、表面のカビは落とせるけど、漂白剤がカビを白く見せるからキレイになった気になるらしいよ」

ユミ「それ本当?だとしたら、掃除したつもりでもすぐにカビが生えてきちゃうってこと?」

ユミママ「カビの胞子ってすごく細かいのね。だから、カビが根付いた状態だと奥まで成分が浸透しないんじゃないかな。一見、カビの黒ずみがなくなったと思っても、カビ自体がなくなるわけじゃないから、時間が経つとまたカビが生えてきちゃうのよ」

ユミ「へえ~。お風呂もそうだけど、サッシのゴムパッキンとかけっこうカビが気になるところがあるんだけど、自分じゃそう簡単にキレイにはできないのかぁ」

普段から気をつけたいカビ防止対策とは

ユミママ「主婦にとってのカビ対策って、どちらかといえば予防の方が大切なの。できるだけカビが根付かないようにするために、日頃から心掛けておくポイントが3つあって、お風呂場を例にとって説明するね」

  1. 湿気を防ぐ
    カビは湿気を好み、浴室は空気がこもりがち。そこで浴室の扉や窓を開けて、換気扇も常時回すなどできるだけ乾燥させること。
  2. 温度を下げる
    高温もカビの繁殖を促進するため、入浴後は浴室内の壁や床にシャワーで冷水をかけて、室内温度を下げるようにする。
  3. 養分をなくす
    石けんカスや垢はカビにとっての養分。これらをすぐに洗い流すようにすれば、繁殖をできるだけ抑えることができる。

ユミ「マンションのユニットバスだと熱気も湿気もこもりやすいから、換気と掃除には気をつけるようにするね」

ユミママ「頭では理解できても、毎日使うお風呂を入浴の度に掃除するなんて、結局は続かないのよね」

ユミ「じゃあ、一度カビが生えちゃった場合、どうすればいいの?」

ユミママ「素人がカビの根元まで除去するのははっきりいって無理。その場合はプロの掃除業者に頼むしかないと思う」

pagetop